はすログ2

みる&れあの ぶらりのんびり旅 山陰〜山陽へ 7日目 石見銀山〜温泉津温泉  

2016.11.12 (Sat)   <この旅7日目>

2泊連続で旅籠屋@出雲大社にゆっくり宿泊して
みる&れあは朝日とともにご機嫌な  お目覚め  お散歩〜 
IMG_3027_20161216105200b41.jpg

出雲大社、すてきな所だったね 
IMG_3029_20161216105200bee.jpg

旧出雲大社駅
IMG_3034.jpg

次はどこへ行くのかな〜 
IMG_3032_20161216105159bd7.jpg

日本海の荒波も陽射しを浴びてきれいだね〜 
IMG_3047.jpg

この辺り、紅葉がきれいです
IMG_3054_20161216105158d20.jpg

IMG_3109_201612161101080dd.jpg

今日は世界遺産の石見銀山を見に来ました
IMG_3056_20161216110108573.jpg

まずは江戸時代の面影を残す古い家並みを歩きます 
IMG_3089_20161216110107020.jpg

IMG_3068_20161216110107885.jpg

IMG_3060_201612161101065dd.jpg

IMG_3064_20161216110106e6b.jpg

IMG_3065.jpg
見て、こんな板ガラス ・・・ 昔、あったよね〜 

IMG_3074_201612161102357a7.jpg

IMG_3070.jpg

IMG_3075_20161216110234524.jpg

IMG_3078.jpg

IMG_3092.jpg
お〜  丸太の電柱〜 

あらまあ、時代劇の長屋風景に出て来そうなおうち 
IMG_3077.jpg

こちらはお代官様のお屋敷
IMG_3079_201612161104245ad.jpg

IMG_3081.jpg

IMG_3082_2016121611042369e.jpg

IMG_3085_2016121611042298c.jpg

明治時代にはこの小さな街に裁判所もあったのね 
IMG_3088.jpg

IMG_3090_20161216110558f1e.jpg

この赤い瓦屋根は「石洲瓦」といって、この辺りの特産  凍結に強いらしい 
IMG_3094_20161216110557ca4.jpg

 この町並み全体が世界遺産に登録されたんです
  鉱山が明治以降の手が入らず江戸時代のまま保存されているのはもちろんですが、
  古き佳き時代を残しつつ、人々が暮らしているのが評価されたそうな 

ぼく達の知らない昔の暮らしだね〜
なつかしい〜  って、大人は感激してるよ 
IMG_3100_20161216110557a9d.jpg

IMG_3106_2016121611055607d.jpg

IMG_3107_201612161105569cb.jpg

IMG_3105.jpg


世界遺産に登録申請する前に、いろいろ調べたそうな ・・・
そして
石見銀山は町民自治憲章を作って、自分たちで街を守っているんですって
観光地化して荒れるもとになる民営駐車場もいっさいありません
すごいね〜 

さて、ゆったりお散歩を終えて、みる&れあは車でお昼寝タイム〜 
私達は龍源寺間歩という銀の採掘跡までガイドツアーに行きます 
IMG_3113_201612161107403f4.jpg

IMG_3114_20161216110740c74.jpg

ガイドの伊藤さんは10年のベテランさん
IMG_3126_201612161107391b1.jpg
後ろ向きに歩いちゃうんだから ・・・ すんごいなあ 

IMG_3127.jpg

IMG_3124_201612161107397a2.jpg

IMG_3131_20161216110738493.jpg

IMG_3130_20161216110926cfc.jpg

IMG_3147_201612161109268eb.jpg

IMG_3145_20161216110925dc7.jpg

人里を離れてさらに山道を上がります

ここは、江戸時代の製錬所跡
IMG_3196_20161216110925129.jpg

 紅葉が、今まさに見頃 
IMG_3161_20161216110925331.jpg

 伊藤さんの名ガイド 
「みなさま、山道を歩いて頂いたので、この手すりでストレッチしてくださいね
 これで、足が痛くなりませんよ〜
 ハイ、そのままこちらを向いてください 
  ・・・ 紅葉をバックにいい記念写真が撮れましたね〜  」
IMG_3160_2016121611092479e.jpg

IMG_3164_201612161111418f9.jpg

IMG_3165_2016121611114052f.jpg

ここが、見学コースになっている龍源寺間歩の入口です
IMG_3168_20161216111140fbb.jpg

鉱脈を見つけて
IMG_3174_20161216111139e16.jpg

こんなに細い所を掘り進んだんですね〜 
IMG_3173.jpg

江戸時代、すべて手掘りで採掘したんだそうです
IMG_3188.jpg

ノミの跡がわかるね
IMG_3181.jpg

こんなささやかな灯りだけを頼りに石を掘ったんだ〜 
IMG_3190_20161216111345370.jpg


やがて鉱脈が尽き、明治時代には鉱山は閉じられました
銀山は莫大な収益になり、こんな山奥に豊かな街が栄えましたが、
採掘のときの煤塵で肺病なる人が多く、その繁栄は命と引き換えだったそうです

う〜ん、伊藤さんの名ガイド 
自然の美しさ・人々の英知、そして歴史の悲しさもいろいろ教えて頂きました

いいお日和の中、気持ちのいい散策でした〜 

次なる目的地は 
IMG_3199_2016121611134547a.jpg

ここで〜す 
IMG_3201_201612161113443d5.jpg

DSCN4676_2016121611134421d.jpg

「温泉津温泉」って書いて「ゆのつおんせん」って読むんですって 

この  薬師湯  がお目当て〜
DSCN4679_20161216111343585.jpg

 温泉津温泉最古、大正8年からの元湯です 

DSCN4688.jpg

番台
DSCN4683_20161216111621a4b.jpg

運良く、誰もいなかったよ〜
DSCN4689_20161216111823b20.jpg
なんでも温泉ソムリエがオール5を付けた最高級温泉で(オール5は全国で19カ所だけ)
メタケイ酸とメタホウ酸がたくさん入っている「ダブル美肌の湯」だそうです

とろ〜りとして、いいお湯でした〜 

こちらはすぐ隣にある温泉津温泉最古の当初の温泉施設
DSCN4700_20161216111621f5a.jpg

薬師湯の屋上テラスから、古い建物の屋根を臨むとこんな感じ〜
DSCN4696.jpg

今はカフェになっています
DSCN4703_20161216111620226.jpg

大正ロマンが溢れているね 
DSCN4704_201612161116195a0.jpg

DSCN4705_2016121611182222b.jpg

さあ、明るいうちに夕食をゲットして今夜の宿泊場所に行きましょう 

ところが  予定していた道の駅三隅は ・・・ 
DSCN4726_201612161118225a3.jpg

せっかくの夕日は日本海の大海原に落ちず、手前の山に沈んじゃうし 
トイレはきったないし〜〜〜 
「熊出没につき車中泊の方は注意してください」だって 

 この際、もっと先まで行きましょう
今夜は明日の萩津和野に備えて、「道の駅シルクウェイにちはら」という所で車中泊

おやすみなさい〜 

(つづく)



スポンサーサイト

category: 旅・ドライブ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://huskyhuskyhuslog.blog.fc2.com/tb.php/680-779112f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ