はすログ2

2016年 煙突そうじ  


6月の北海道旅行を振り返っている途中ですが ・・・

梅雨も明け、8月になった先日8/2のお話です

今年は、プロフェッショナルにお願いして煙突そうじをしています
プロにお願いするのは  初めてです

高い所は自分たちでは手が届かなかったし 
永住して、この冬は毎日ストーブを焚いたから ・・・ どんなに汚れているかなあ 

さっそく  まずは、外部の解体です 
IMG_8884.jpg

IMG_8893.jpg

真ん中部分を下から覗いたら ・・・ お〜、いっぱい着いてる 
IMG_8897.jpg

トップと下を取り外し、真ん中はブラシで 
IMG_8889_2016080810165676e.jpg

IMG_8899.jpg

IMG_8956.jpg

IMG_8959.jpg

IMG_8891.jpg

トップ  電動のワイヤーブラシで掃除します 
IMG_8900_20160808101828ca8.jpg

わ〜、きれいになりました 
IMG_8918.jpg

IMG_8920.jpg
ピッカーン 

こちらは最下部 ・・・ おっと、溜まってる〜 
IMG_8898_201608081018270cb.jpg

こんなに取れました 
IMG_8925_201608081021436d7.jpg

すっきり〜 
IMG_8924.jpg

室内の煙突を分解します 
IMG_8926_20160808102142b9f.jpg

IMG_8929_20160808102142d88.jpg

順番をテープで印するのは、プロも同じだ〜 
IMG_8935.jpg

アーム部分にも煤がたんまり 
IMG_8930.jpg

横引き部分はめっちゃ汚れてます 
IMG_8951.jpg
うちのストーブは構造的に煤が溜まりやすいんですね〜 

ゴシゴシ、ゴシゴシ ・・・ 
IMG_8942.jpg

IMG_8943.jpg

IMG_8955.jpg

汚れが凄過ぎるところは、内部を  焼きます
   外で煙突を焼いているので ・・・ あたり一面、煙もうもう  真っ白 
IMG_8964_20160808102334466.jpg
やっぱりプロもこの手を使うんだ  でも焼きすぎると小さな穴が空くんですって 

↓ こちらは以前に自分たちでやった煙突掃除 : 煤を燃やした時の写真で〜す
DSCN0202_20160808145353bcd.jpg

DSCN0199_20160808145352d12.jpg

壁のところも、ワイヤーブラシで煤をこそぎ取ります
IMG_8958_201608081453525ed.jpg

ストーブ本体も掃除します
IMG_8902_20160808145352919.jpg

内部も 
IMG_8903_201608081453517f8.jpg

空気の取り入れ口は入念に内部までおそうじ 
IMG_8905.jpg

トップの盤を外して ・・・
IMG_8914_201608081456006a2.jpg

IMG_8906_20160808145559fbc.jpg

IMG_8909_20160808145559502.jpg

きれいになりました〜 
IMG_8910.jpg

トップの裏側は熱を効率よく伝えるためにこんなギザギザになってます
IMG_8911.jpg
汚れてる〜 

IMG_8913_20160808145558930.jpg

立ち上がりもきれいに 
IMG_8937_2016080814573845a.jpg

最後はねじ穴に  焼き付き防止剤をスプレーして 
IMG_8916_20160808145738c9c.jpg

固定 
IMG_8917.jpg

IMG_8928_20160808145737058.jpg

前面もへたったグラスウールを交換して ・・・ ピッカーン 
IMG_8962_20160808145737eee.jpg

あとは組み立てれば OK 
IMG_8927_20160808145737b02.jpg

IMG_8966_20160808145920c9a.jpg

お疲れさまでした〜 

スポンサーサイト

category: スローライフ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://huskyhuskyhuslog.blog.fc2.com/tb.php/584-4206fb83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ